マザース三日坊主

バウムクーヘン

こんにちは、諸星です。

暑いやらその割に雨が多いやらですっきりしなかった夏もようやく過ぎ、
すっかり秋めいてきましたね。

天高く馬肥ゆる秋、などと申しますが、秋とか関係なく、
いえむしろ去年の秋くらいからずっと1年を通して、肥満がすごいです。

私は結構体重の増減が激しく、実は数年前に7〜8kgくらいの
ダイエットに成功したのですが、現在はそこから(言えない)kgほど戻し、
人生最重体重まであと(言えない)kgのカウントダウンに入りました。

そして非常に厄介なことに、もはや数年前のダイエット方法はまったく効かず、
「食べない」という最終手段を取ってさえ痩せない体質になってしまいました。
食べないのに痩せないっておかしくないですか?
もう私の体は永久機関になってしまったのですか?

ちなみに数年前は、仕事が忙しかったり、
なんとなく震災の影響もあったのか外食が減ったり、
そんなタイミングで「朝と昼を食べない方が健康的」みたいな説に沿って
夜しか食べないでいたらするーっと痩せたんですが、
今の私はごはんを夜だけにしても痩せず、
お腹周りの脂肪がバウムクーヘンのように
少しずつ層が増えていっているという感じです。

「ぽっちゃりくらいの方が女子はかわいい」なんて言いますが、
私ももう40越えで女子とか言ってらんないですし、
なによりお腹周りが太るのは「ぽっちゃり」というかわいい言葉で
ごまかせるようなことではありません。
ただの中年です! まごうことなき中年太りです!

もちろん分かっているんです。
食べてるし飲んでるし太るのは当たり前だと。
食べないのに痩せないのは代謝が落ちているからで、
代謝を上げるには継続した運動が必要だと。
それなのに運動をさっぱり続けられない私には、
「痩せたい」という望みなど高望みなのだと。

そして一方で、こうも思うのです。
「どうせなにか病気にでもなったら嫌でも痩せるんだから、
健康的に太っているうちはその太りを甘んじて受け入れておけばいいんじゃないか」
と…。

もはや急に痩せたら「あれ? 身体悪くした?」という年齢。
いいじゃないか、太っていたって!
健康な証拠じゃないか!

と、言い出したら終わりです。
あと、「屋代よりは痩せている」というのも明らかな負けです。

楽して痩せたいとか言って酵素を飲むだけじゃなく、
結果にコミットするなんらかの運動をする努力をしていきたいと思います。

IMG_3523

筆ペン

ご祝儀袋・不祝儀袋の手書き
こういう時ぐらいしか筆ペンを使うことはないけど、うまく書けないので
困るんですよね。
今は便利なハンコやPCで印刷できるソフトもあるみたいですけど…。
書道習っとけばよかったな〜とその都度思うのですが、同時に思い出す出来事があります。

中学の冬休み 休み明けに書き初めの提出がありました。
何度書いても うまくいかず…。
何枚も半紙を丸めては捨て…。
それをそばで見ていた父が一言
「横に置いてる手本、下に敷いて写して書いてみたらどうだ?
 だったら少しはうまく書けるだろ。」
あまり気は進まなかったけれど 下に敷いて書いてみると
自分でも こりゃうまいな と。
最初は下手でもいいからそのまま出したらと言っていた母も「名前が下手だと不自然ね〜」と筆をとり…。

結果「特選」
3〜4人だったか、校長室の横の壁に貼られてました。
このことを伝えた時の両親の顔。
今でも笑えます。

やはり字は上手いにこしたことはないですね。

「ラジオのこと」

10月になり、今年もあと3か月ですね。食欲の秋、存分に楽しみたい、はまのです。

ネットでニュースを見ていたら、インターネットやスマホでラジオを聞ける「radiko」(ラジコ)で、
なんと過去1週間の番組を聞くことができるタイムフリー聴取が10月から始まるそうです!
ラジオって、最近、時代にのった変化を柔軟にみせてて、おもしろいなと思います。
そんな私のラジオの思い出を少々。

私は、TVも大好きでしたが、ラジオも大好きっ子でした。
特にラジオは深夜に布団に入ってから、音をちいさーくして楽しんでました。

スマホやPCでラジオが聞ける今の若い子にはまったく共感ないと思われますが、
ラジカセ時代が青春だった私は、
ラジオの電波が入りやすい位置を探してアンテナをぐりぐり回したり、
アンテナを触っていると電波が良くなるからずっとアンテナを持ち続けてたり、
チューニングのツマミを微妙にずらして、ジャストの位置になってすごい嬉しがったり、
たまーに適当にチューニングしてみると、判明不能な会話が聞こえてきて、
ちょっと宇宙と交信してるような気になったりする、
そんな少年時代を過ごしていました。

よく聞いてたのは、小堺一機・関根勤の「コサキンDEワァオ!」とか、
「伊集院光の深夜の馬鹿力」、「ナイナイのオールナイトニッポン」ですね。
毎週楽しみにしてて、テープに録音もしたり、ハガキ職人になりたい時期もありました。
そのうち、ちょっとマセてJ-WAVEも聞きだして、好きなアーティストの番組を聞いたりして。
当時、FMって都会!大人!って感じがしてたんですよねー。

今でもTBSの深夜帯番組JUNK(特に伊集院光とバナナマン)は好きで聞いてます。
でも、ほぼ聞きながら、すこやかに寝落ちしてます(笑)

せっかくの秋の夜長ですので、みなさん、
たまにはラジオでも聞いてみるのも良いかもしれませんね!

名作でした

おそらく40年ぶりにその本を思い出しました。先日たまたま点いていたテレビドラマの劇中、台詞として朗読されており、すぐにそれとわかりました。特に有名な本ではないと思っていたのでちょっと驚きました。

「はなのすきなうし」という本です。
はなのすきなうし

通っていた小学校の図書館に1冊あって、卒業までに10回以上は借りて読んだはずです。読書家だったように聞こえるかもしれませんが違います。図書館にある本の中で、最も薄く最も早く読める本を捜索した結果、見つけ出した本でした。他にもそういった本は何冊かありましたが、そこそこ有名だったり、あきらかに低学年用と思わせるタイトルだったりでうまくありませんでした。その点、「はなのすきなうし」は作者が外国人で、タイトルこそ平仮名ばかりですが詩的な香りもあり、これだ!と思った本でした。

この本を連投のきく大エースとして、学校で読書を課せられるたびに借りては読んでいました。誰がいつ何を読んだかという情報の記録もExcelデータで残ったりしない時代です。また実際5分で読めますから、クラスメイトに横行していたあとがきだけ読むという後ろ暗い手段を使う必要がないのもこの本の良いところです。なので気兼ねなく何度も何度もこの本を読みつづけました。

さて、あらためて調べてみました。作者はマンロー・リーフ。米国の児童文学作家。メリーランド州ハミルトン生まれ。ハーバード大学卒業後、教師を経て出版社に入社。(中略)1936年に出版した「はなのすきなうし」で好評を得たほか、同書はアメリカの絵本の古典の一つになる。(中略)また「はなのすきなうし」は1938年ディズニーでアニメーション化される。

マンローさんにもアメリカ合衆国にも申し訳ない限りです。 “アメリカの絵本の古典”だそうです。有名すぎるぐらい有名な本でした。アニメーションもYouTubeにありました。ちなみにアニメのうしは本のうしよりだいぶ可愛くなっていました。

あらすじもあり、さすがに記憶違いはありませんでしたが、今あらためて見直すとどこかしら自分の血だか肉だかになっているような気がしなくもありません。不純な動機だったとはいえ、子ども時代に何度も読んだからでしょうか。そういえば赤塚不二夫さんが亡くなって、翌日の新聞に多くのキャラクターが台詞の吹き出し付きで掲載された時も、さほどマンガ好きではなかったはずなのに、そんな感触がしたことを思い出しました。

”やりました。海外で上映決定しました。”

夏が終わって悲しい柴田です。

個人的な告知をこちらで。

去年、弊社の屋代PMをPとして製作した
ドキュメンタリー作品「少年飛行兵の笑顔」。
多くの海外の映画祭に出品していましたが、結果、”お祈り”メールがくる毎日でした。

しかしですね。ようやっと取り上げてくれる映画祭がありまして、
8月末にイギリスのNoriwich Radical Film Festivalで上映されました。
participant_wreath %281%29

特攻隊をテーマにしたドキュメンタリー作品だったので
当時、日本と敵対していた英国の方々が、この作品をみてどう思ったのかが気になる所だったのですが
どんな形で上映され、どんな空気だったのか
私は現地に行っていないし、特に「こんなんだったよ!」などの連絡もないので全くわからず。
プログラムには一応、組み込まれていたので恐らく上映されたんだと思います。
(映画祭公式Facebookをみても、写真の半分ぐらいが映画祭スタッフの楽しそうな写真ばっかり!笑)

そもそも、映画祭関係者がものすごく連絡がとってもルーズだったので、こんなとこかなと。
小さな町の小さな映画祭です。
私も昔、アメリカの田舎町で学生をしていたとき、
映画祭スタッフをやったことがありましたので、何となくわかります。
とはいえ、選んで頂いたので感謝感激の気持ちでいっぱいです。

そして先日、アメリカのメリーランド州で行われる
Queen City Film Festivalでも10月に上映されることが決定しました。
とうとうアメリカで上映です。
unnamed

過去、私はアメリカに3年程住んでいたのですが
アメリカ人の太平洋戦争に対する考え方は日本人がもつそれとは全く違う、
ということを感じました。

とても親切で、とっても心優しい、牧師見習いの女友達に言われた言葉があります。
何かの話で戦争の話になって、
「日本は原爆を落とされて当然なのよ。それだけ悪い事をしたのだから、当然よ。」と。

驚きすぎて返す言葉を失ったのを覚えています。
まぁ、もちろん、彼女はアメリカ代表ではないので典型的な概念の全てではないのですが。
この作品をみてアメリカの人は何を思うのかが、とってもに気になるところです。

しかし、これもまた小さな町の小さな映画祭。
作品を高画質のファイルで送ってほしいと言われて送っても、受領連絡はくれない映画祭スタッフ。
お客さんの感想を知る事もなく、知らされる事もなく終わる事でしょう。

繰り返しになりますが、やってくれるだけありがたい!
ありがたいことです!感謝してます!
無事上映されますように!

ちなみに日本では某自主作映画の登竜門で
一次選考を突破しましたが入選はかなわずでした。
審査員の方々に感想を頂いて、
この作品は主張に欠けているのでドキュメンタリーじゃない、と多数書かれていました。
(それでいて一次を突破よくしたな、と思いました。)

共感してほしくないから主張してないんです。
それに気づかれた審査員の方もいらっしゃいました。
”ドキュメンタリーは監督の主観で事実をかえてしまう可能性があるから
見る人に影響を与えてしまう、あくまで事実だけを伝えようとしたのかと。”
おっしゃる通りです。

海外の映画祭にはまだ出品してます。
またどこかでひっかかるといいなと思いながら

トップリーグ2016開幕

さあ今年もラグビーのトップリーグが開幕しましたね。
昨年のW杯で優勝候補の南アフリカに勝利した余韻も無くなりかけてた先月、
オリンピックでは、セブンズではありますが、これも優勝候補のニュージーランドに
勝利してベスト4(残念ながらメダルは逃しましたが…)という輝かしい成績でした。
その熱が冷めないうちに国内でのトップリーグが開幕し、既に2節が終了しています。
この2節を見た印象はというと、ヤマハがヤマハスタイルというスクラムに磨きをかけ、
今までになくスクラムが強くなっていたこと。しかも、初戦で王者パナソニックに勝ち、
リーグ戦が昨年までとは違う展開になって面白くなるのではないかと思っています。
他の試合も接戦が多く、各チームのレベルが拮抗しているようで、
どの試合を観てもラグビーの楽しさが伝わってくるのではないかと思います。
王者パナソニックも、現役大学生(筑波大学)の山沢をスタンドオフに起用するなど、
将来の日本代表にとっては願ってもない育成をしていて嬉しい限りです。
この山沢という選手、実は日本代表前監督のエディー・ジョーンズも期待していた選手で、
怪我で昨年の日本代表やW杯には呼ばれず終いだったのですが、今年は怪我から復帰して、
しかも大学生なのにトップリーグチームに在籍しているという異色な選手です。
しかも王者パナソニックの試合に出れるというのはスゴイことです。
もう大学生の試合は出ずに(どうせ帝京大学の1強なので)このままトップリーグの
レベルの高い試合で経験を積ませてあげた方が日本ラグビーの未来のためにも
いいことだと思います。
そして、もう一つ、今年の注目は、宗像サニックスブルースです。
おそらく今年の台風の目になるのではないかと期待しています。
実は今年再昇格してきたチームなのですが、ランニングラグビーに磨きをかけ、
観ていても面白いラグビーを展開しています。
あの超有名な元オールブラックスの選手、キングという愛称で親しまれている
カーロス・スペンサーがバックスコーチを担当しているのも影響していると思います。
ちなみに、昨年W杯の南アフリカ戦で終了間際の逆転トライをしたのは、
このチーム所属のカーン・ヘスケス選手です。
などなど、今年も見どころ満載のトップリーグです。
是非会場に足を運んで、生のラグビーの醍醐味を味わって下さい。
そして2019年のラグビーW杯日本大会が盛り上がることを祈ります。

「スポーツな夏」

久々にブログ書きます。色黒アラサーOL垣下です。
たいして夏らしいことをしていないのですが
毎日ア◯ッサを塗って外出しているにもかかわらず
「ライフセーバーとかやってるんですか?」と聞かれました。
なぜこんなに日差しを吸収するのか…自分の肌が怖いです。
ガングロ流行った時代、カムバッーク!!

そんな私、最近スポーツ熱が高まっています。
ビール好き、というか酒大好き、食べるの大好きで
ダイエットを先延ばしにし続けた結果
すくすくとわがままBODY(要はたるんだ肉)に育ちまして
来年30歳を迎えるのにこのままじゃやばくない?!と肉体改造を決意。

でも食べるのは好きだし体力をつけたいし・・・
と始めたのがランニング。
意外とこれが自分にあっていたのか続いていて
週に最低でも1〜4回、平均8〜10km走っています。
家の近所を走っているだけですが、
普段気付かなかった四季の変化を感じたり、
こんなとこあったんだ〜と発見があったり、
目標を作って走りきった達成感を感じたりと
がなかなか気持ちいいです。
ダイエットの目標値にはまだ全然及ばないのですが、
半年続けてきて、階段で息があがったりしなくなり
冷え性や肩こりがひどかったのが改善されたりと(この文字面は20代じゃないですね・・・)
少しずつ成果が感じられるようになりました。

そしてそして!ボクシングとキックボクシングを始めました。
まだ始めて間もないので、
超初心者向けのトレーニングしかやっていませんが
これが想像以上に動きが難しい!
普段の生活で使わない筋肉を使うし、動きが激しいので最近常に筋肉痛です。
毎回自分の出来なさに悔しくなりますが、
サンドバックやミットに打ちこんだときの爽快感がたまりません!

元々は、ダイエットとか体力をつけるために始めたんですが
汗をかくことの楽しさを感じつつも、
気分が乗らない時にいかに自分を奮い立たせて持続させるか考えたり。
身体はすごく正直なので、やった分成果を感じるしやらないと怠けますし、
努力の積み重ねの大切さを感じます。
また、10月にハーフマラソンを初めて走るのですが、
(中学・高校と元陸上部なので)日が迫ってくる毎に感じる大会への緊張感は懐かしく、
挑戦することにワクワクしてます。

写真は毎朝晩測る体重計です。
Bluetooth対応で、アプリを起動させて乗ると全て記録される優れものでございます!
次のブログでは、マラソンの良い報告が出来るよう
トレーニングして心身鍛えていきたいと思います。
スポーツっていいものですね。
みなさんはハマってるスポーツありますか?
垣下

ショーシャンクの空に

8月も半分が過ぎ、あっという間に夏が終わろうとしています。
何となく思い返してみると7月も雨の日が多くて、今年の夏はすごく短かったなぁと思う今日この頃です。
夏と言えば海、山、花火。
ではなく台風がつきものです。
なんと明日22日はトリプル台風とか言って3つも台風が接近しているそう。
(今は21日のpm19:30)

学生の頃は台風が接近すると、
やったー明日の授業なくなんないかなー。とか、
明日は自主休講だー。とか言って何となくうきうきして夜更かししちゃったりもしていましたが、
社会人になった今、そんな事言っていられません。

打ち合わせがあるならば普段より1時間は余裕をもって家を出なくてはならないし、
その日が撮影なら前日から会社に泊まりこみでしょう。
電車が動かなければ這いずってでも辿り着かねばならない。
社会人って辛い。闘っている。お父さん頑張っていたんだなと痛感致します。

雨ニモマケズ風ニモマケズ
少しでもその状況を楽しむために
大脱走の末に大雨に打たれているショーシャンクの空に の主人公の気持ちになってみたりします。
もう傘なんていらないし、危ないし、捨ててやる。
自由だー。
勝浦1

ショーシャンクの空に、いいお話ですね。
この達成感はひとつの仕事を終えた後の感情にも似ています。
完パケターっ。
勝浦2

余談ですが、
時たまマザースでは何故かみんな今日はやる事無いんだよねという時があります。
先日もそんな合間の時間にみんなでこんな遊びをやりました。
↓カラフルラムネランド
勝浦3+4

飯☆先輩と2年目の林は
↓たのしい おすしやさん
勝浦5+6

かなりの完成度にどよめきが…。

この文章をかいている途中で、
全社員向けに
『身の安全を第一に考え、9時半に努めて出社する必要はありませんから、
台風の様子を見ながら、無理せず出社して下さい。』
との一斉メールが入りました。
社会は厳しいけれど弊社はとっても優しかったです。

台風と社会の厳しさには負けず、会社には少しだけ甘え、明日からも頑張ります。

山の日

今年から、8月11日が山の日として祝日になりました。
夏休みがある子供や学生にとってはあんまり関係ないですが、
働いてる大人にとっては休みが増えるのはうれしいことですね。
お盆休みとくっつけて長く休める人もいるのではと思います。

何で8月11日が山の日なのかを調べてみると、

山の日は、2014年(平成26年)に制定され、2016年(平成28年)に施行された日本の国民の祝日の一つである。

祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。

ということだそうです。

そしてもともとは、8月12日を山の日にしようとしてたそうですが、その日は
日本航空123便墜落事故と同日のため、しかもJAL123便が墜落した場所も御巣鷹の尾根、つまり「山」という事から、日付の見直しがされて8月11日に決まったそうです。

せっかくの山の日、山でも行こうかと思いましたが、結局行かずで家の周りをランニングしてました。
1+2
このブログ用に走ってる途中写真撮ってみましたが、地味ですね。
これだけだと申し訳ないので、先月登った高尾山の写真もおまけでのせてみます。
555

山っていいですね!

スポーツ観戦の夏

 リオオリンピックや甲子園が始まり、スポーツ観戦の好きな自分にとっては、寝不足の夏がはじまりました。

 まず、甲子園に関してですが、地元福島の聖光学院は今年は県内でもかなり苦戦していたようで、それほど勝ち抜いてはいけなさそうです。他の東北勢も例年よりは小粒なようで、悲願の東北勢の優勝は今回も難しそうです。

 プロ野球に関しても、我が千葉ロッテマリーンズは開幕当初に調子が良かった中継ぎ陣に怪我人が続出して、打線も最近湿りがちで負けが込むようになってきました。
怪我人が復帰してくるまで何とか踏ん張って、プレイオフ圏内は何とか残ってもらいたいです。下の写真はロケハンをしていたら、たまたまロッテ対阪神戦をしていたので、観戦したときの写真です。この日のヒーローインタビュはナバーロ選手と石川投手でした。
A
B
C

 Jリーグは、我が鹿島アントラーズが見事1stステージを優勝しましたが、カイオが移籍した影響なのか2ndステージに入ってから全然勝てなくなってしまいました。
少しずつチームを立て直して、チャンピオンシップで勝ち抜いて年間王者になってほしいです。

 NFLに目を向けると、我がラムズは今年はセントルイスからロサンゼルスへ本拠地を移し、ドラフトでは全体1位指名でQBのジャレッド・ゴフを指名し、RBでは去年の1巡目指名のトッド・ガーリーがいて、オフェンスにタレントが揃ってきました。ディフェンスチームはもともと良いので、後はオフェンスラインがしっかりすれば、念願の勝率5割、さらにはプレイオフ進出が見えてきそうです。

 さてさてリオオリンピックですが、ソフトテニス部だった自分にとって注目は、もちろんテニスです。今朝、デル・ポトロが見事にジョコビッチを撃破しました。ジョコビッチの調子もMAXだったようにも見えませんでしたが、さすがのデル・ポトロの爆発力でした。デル・ポトロもここからどんどん復調して、またグランドスラムを獲ってもらいたいです。今回のオリンピックに関していえばアンディ・マリーが連覇を達成するんではないでしょうか。ジョコビッチもフェデラーもシングルスでは金メダルを獲れないまま終わってしまうのでしょうか。
ちなみに下は自分がテニス部だったとき写真です。
D

«...23456...102030...»