情報セキュリティポリシー

当社は映像制作を通して社会とかかわっています。人の心に響く映像制作のための新技術や社会状況の変化に対して常に前向きに取り組んでまいりました。当社が扱うさまざまな情報の中には個人情報やお客さまからお預かりした企業の重要な情報等が含まれます。
私たちは情報セキュリティ体制を確立することが社会的責務と考えます。お客様が期待するセキュリティレベルを満たし、信頼の維持向上を目指すために以下のセキュリティポリシーを掲げ、適切な管理を継続的に取り組んでまいります。

  1. 業務にかかわる全ての情報資産を特定し、重要度を認識し、機密性、完全性、可用性を確保します。
    ・機密性  重要情報が許可されていない人や外部に漏れないこと
    ・完全性  情報資産が改ざんあるいは誤操作されないこと
    ・可用性  必要な時に情報あるいは機器類が確実に利用できること
  2. コンプライアンスの精神に基づき、関連する法令(個人情報保護法や著作権保護法等)・ガイドライン及び契約上のセキュリティ義務を遵守します。
  3. 役員及び全従業員に情報セキュリティ教育を継続的に実施しその意識向上に努め、情報セキュリティ管理責任者を中心とした適正な推進体制を確立します。
  4. 協力会社及び外部スタッフに当社の情報セキュリティ規程の理解と実行を要請し、契約によってこれを担保します。
  5. 継続的にリスク分析を行い、定期的な内部監査を実施して、情報セキュリティ体制の管理・運用を適切に維持し、ISMSを継続的に改善します。

代表取締役社長 松山 誠
2008年1月7日制定
2017年10月1日改訂

× 閉じる